チャップリンのこと。

チャールズ・チャップリンに関する文献、映画作品などのレビュー

『チャップリンの画工』The Face on the Bar Room Floor (1914)

チャップリンの出演22作目

チャップリン監督作品。

女性のために肖像画を描く画家を演じるチャップリン。だが、金持ちの男に女を取られてしまい、嘆き悲しむといった流れである。

神妙な面持ちで絵を描いているチャップリンの姿が印象的ではあったが、内容としてはあまり笑えるものではなかった。

作品情報

監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
原作 ヒュー・アントワーヌ・ダーシー
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン、セシル・アーノルド、フリッツ・シャイド、ヴィヴィアン・エドワーズ、チェスター・コンクリン、ハリー・マッコイ、ハンク・マン、ウォレス・マクドナルド
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年8月10日
上映時間 14分

参考文献(リンク)

チャップリンの画工 - Wikipedia