読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャップリンのこと。

チャールズ・チャップリンに関する文献、映画作品などのレビュー

『チャップリンの衝突』The Fatal Mallet (1914)

チャップリンの映画出演15作目

本作の監督はマック・セネット。

あらすじは、メーベルに好意を抱くチャップリンとセネットが彼女を取り合っていたところ、第三者のスウェインが介入してきて、横から彼女を搔っ攫ってしまうという話である。

最後に池に落ちてしまうシーンは『つらあて』の結末を想起させる。

マック・セネット監督の作品の中では、チャップリンが悪役を演じることが多い気がするのだが、どうだろうか。

作品情報

監督 マック・セネット
脚本 マック・セネット
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン、メーベル・ノーマンド、マック・セネット、マック・スウェイン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年6月1日
上映時間 18分

参考文献(リンク)

チャップリンの衝突 - Wikipedia