読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャップリンのこと。

チャールズ・チャップリンに関する文献、映画作品などのレビュー

『夕立』Between Showers (1914)

チャップリンの出演第4作品目

雨上がりに女性を口説く好色な男二人、うち一人はフォード・スターリング、もう一人はチャップリンことチャーリーである。

スターリングが盗んだ傘を使って、水たまりに戸惑う女性を助けようと奮闘する。同様にチャーリーもまた彼女を助けようと奮闘するが、結局、通りかかった警官によって女性は水たまりを踏まず、道を渡ることに成功してしまう。

女性に貸した傘を返してもらおうとするスターリング、その傘を代わりに受け取るチャーリー。結局、その傘の元の持ち主が自分の呼んだ警官だったというオチで、連れていかれてしまうスターリングと彼を笑うチャーリー。

フォード・スターリングとチャールズ・チャップリンの演技がいかほどに異なる種のものかがよくわかる。

また『成功争ひ』でチャップリンの提案した演技を悉く却下したことにより、不仲とされていた監督ヘンリー・レアマンとチャップリンのコンビも、この映画で最後となった。

作品情報

  • 監督 ヘンリー・レアマン
  • 脚本 リード・ヒュースティス?
  • 製作 マック・セネット
  • 出演者 チャールズ・チャップリン、フォード・スターリング、チェスター・コンクリン、エマ・ベル・クリフトン
  • 撮影 フランク・D・ウィリアムズ
  • 配給 キーストン・フィルム・カンパニー
  • 公開 1914年2月28日
  • 上映時間 15分

参考文献(リンク)

夕立 (1914年の映画) - Wikipedia

フォード・スターリング - Wikipedia