読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャップリンのこと。

チャールズ・チャップリンに関する文献、映画作品などのレビュー

『泥棒を捕まえる人』(1914) A Thief Catcher

脇役のチャップリン

チャップリンの作品としては、出演第3作『メーベルの窮境』と第4作『夕立』の間に入る作品と位置付けられている『泥棒を捕まえる人』。チャップリンの出演時間は、非常に短い。

目撃者の男性を殺そうとする泥棒たちを、必死で掴めようとする警官の一人としてチャップリンが登場している(が、目立った出演時間があるわけでもない。あくまでエキストラのような立ち位置にある)。

作品としては、典型的な「キーストン・コップスもの」の一つである。内容は非常にわかりやすい。

監督は主演を務めているフォード・スターリングである。

作品情報

監督 フォード・スターリング
脚本 ヘンリー・レアマン
製作 マック・セネット
出演者 フォード・スターリング、マック・スウェイン、エドガー・ケネディ、チャールズ・チャップリン
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1914年2月19日
日本の旗 日本 2011年4月9日
上映時間 16分

参考文献(リンク)

泥棒を捕まえる人 - Wikipedia