読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャップリンのこと。

チャールズ・チャップリンに関する文献、映画作品などのレビュー

『メ―ベルの窮境』(1914) Mabel's Strange Predicament

チャップリン曰く「チャーリー」の初登場映画

チャップリンの映画でお馴染みの”チャーリー”というキャラクターが登場した初めての映画だと、彼自身が述べている短編映画。

実際は、その数日前に発表された『ヴェニスの子供自動車競走』が”チャーリー”初登場作品だとされている。

『ヴェニスの子供自動車競走』と比べると、非常に凝った作りとなっている短編でもある。ただチャーリーはあくまで、第三者として男女のいざこざに巻き込まれる傍観者の立ち位置にすぎない。主役はあくまで、当時マック・セネットの恋人であったといわれているメーベル・ノーマンド(犬の飼い主であり、好色なチャーリーが好意を示している女性)ということだろう。

ホテルのロビーでチャップリンが見せるパントマイムの面白さが、彼の才能をほのめかし、観客の笑いをくすりと誘う。

☆☆☆

作品情報

  • 監督 ヘンリー・レアマン
  • 脚本 ヘンリー・レアマン
  • 製作 マック・セネット
  • 出演者 メーベル・ノーマンド、チャールズ・チャップリン、チェスター・コンクリン、ハンク・マン
  • 撮影 フランク・D・ウィリアムズ、エンリケ・J・ヴァレヨ
  • 配給 キーストン・フィルム・カンパニー
  • 公開 1914年2月9日
  • 上映時間 17分

参考文献(リンク)

メーベルの窮境 - Wikipedia

マック・セネット - Wikipedia