読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャップリンのこと。

チャールズ・チャップリンに関する文献、映画作品などのレビュー

『チャップリンの画工』The Face on the Bar Room Floor (1914)

チャップリンの出演22作目 チャップリン監督作品。 女性のために肖像画を描く画家を演じるチャップリン。だが、金持ちの男に女を取られてしまい、嘆き悲しむといった流れである。 神妙な面持ちで絵を描いているチャップリンの姿が印象的ではあったが、内容と…

『小道具係(チャップリンの道具方)』The Property Man (1914)

チャップリンの出演作21作目 チャップリン監督作品。 道具方を務めるチャップリンが舞台裏で巻き起こすひと騒動、前作『笑ひのガス』に比べるとこちらは面白い。 舞台の表側と裏側で起きていることを描き、観客の笑いを誘う。同じ道具方をしている老人に対し…

『笑ひのガス』Laughing Gas (1914)

チャップリンの出演作20作目 今まで見たチャップリン監督作品の中で、一番面白みを感じられなかった作品であった。 歯科助手を務めるチャーリーが、歯科医師に扮して患者を勝手に治療するというドタバタコメディ。この作品の直後、チャップリンは『チャップ…

『メ―ベルの結婚生活』Mabel's Married Life (1914)

チャップリン出演作19作目 チャップリン監督作品。 妻のメーベルと夫のチャップリンの掛け合いがコミカルに描かれる。 人型のサンドバッグを、恋敵と勘違いした酔っぱらいのチャップリンが、妻を責めたり、サンドバッグと戦おうとするシーンがなかなか愉快で…

『彼女の友人である追いはぎ』Her Friend the Bandit (1914)

チャップリン映画出演16作目 チャップリンの映画出演16作目で、監督はチャールズ・チャップリンとメーベル・ノーマンドになる。 ただこの作品はチャップリン作品の中で唯一、フィルムが見つかっていない作品であり、見ることが出来なかった。 動画サイトでヒ…

『つらあて』A Busy Day (1914)

チャップリンの映画出演14作目 チャップリンが監督している作品、しかも女装しているチャップリンが見れるという貴重な作品である。 夫が自分以外の女といちゃついていることに気づいた妻(チャップリン)が、彼に怒りの鉄拳を食らわそうとするのだが、逆に…

『とんだ災難』Caught in the Rain (1914)

チャップリンの監督第二作目 チャップリンの出演作品としては13作目にあたる。これまで制作順にチャップリンの映画を鑑賞してきたが、この作品が一番素直に笑えたかもしれない。 水飲み場の水をうまく飲むことが出来ない冒頭のギャグシーンは、間の取り方が…

『恋のニ十分』Twenty Minutes of Love (1914)

チャップリンの初監督作品 チャップリンの出演11作目にして、初監督作品である。 あらすじは、恋に憧れるチャップリンが恋人たちの逢瀬を邪魔したり、恋人を横取りしようとしたりする話である。男が恋人にプレゼントしようと時計を勝手に盗み、先回りして相…